COX Street Brake Rotor by DBA(T2) for up! GTI (T2:Front 288×25 4H/PCD100)【COX限定モデル/残り僅か】

本製品は、PCDやホール数が他の現行VW車両と異なるup! GTI用を、設定予定がないDBA(Disc Brakes Australia)社にCOX専売品として開発を依頼し、商品化が実現したCOX限定の特注品となります。(DBA社からの一般販売はありません)

確実な制動力向上と優れたコストパフォーマンスを両立するCOX Street Brake Rotor(T2スリット)シリーズで製品化し、純正同サイズとすることで純正キャリパーのままでの装着が可能です。

特許取得のスリット形状は回転方向による違いが出ない対称パターンで構成され、見えない部分のベンチレーション構造にも特許取得技術を採用している本製品の性能を是非この機会にご体感ください。

■T2スリット(特許)
32本(片面16本)の振動周波吸収型カービングスリット”T2スリット”は、T3スリットと並びDBA社を象徴する代表的な形状のひとつです。
左右対称のスリット形状は回転方向を選ばない利便性と、左右で同じ当たり方を実現し、
自然で安定したブレーキフィールと静粛性に加え、優れたガス抜き効果を併せ持ちます。

■CBN加工
ローターの表面処理には特殊なCBN(Cubic Boron Nitride:立方晶窒化ホウ素)材を用いた平面加工で表面粗さRa1.8(0.0018mm)以下という高い精度によってブレーキパッドからのトランスファーフィルム(パッドの成分が移着した層)の堆積ムラを無くすことで良質なペダルタッチを可能にしています。

■カンガルーポウベンチレーション(特許)
外からは見えないローター内部のベンチレーション構造にもDBA社独自の特許取得技術が盛り込まれています。(一部サイズを除く)
カンガルーポウと呼ばれるカンガルーの足跡に似た独自の内部形状が多方面に効果的な空気の通り道を作り、一般的なストレート構造の内部よりも広い範囲でディスク面を均一に冷却します。
また、強度面でも「柱」となるポイントがストレート構造よりもディスク面にバランスよく設置されるため、温度差と強度さによる歪みの発生を最小限に抑えます。

COX Online Store商品ページはこちら

¥58,000税抜
(¥63,800税込)

P/N : X199999005

サイズ/仕様

■フロント用 Φ288x25 4穴PCD100ローター1台分(2枚)/1ピース構造
■スリット:振動周波吸収型カービングスリット"T2スリット"/32本(片面16本)
■ベンチレーション構造:カンガルーポウ/144ポイント(DBA社特許取得システム)
■適合純正品番
 フロント:1S0.615.301.K


適合車種/グレード

■VW up! GTI(1.0TSI)
※適合純正品番:1S0.615.301.K


備考

※本製品の仕様、価格等につきましては予告なく変更となる場合があります。
●本製品はDBA(Disc Brakes Australia)社製品です。
●本製品はCOX特注品につき、DBA社には在庫はありません。
※本製品はCOX専売品のため、DBA社の通常販売ラインナップには記載されない場合があります。
●上記価格は2枚の価格です。
※本製品はサーキット走行での使用を想定したRacing Brake Rotorシリーズではありません。
●COXはDBA社のVolkswagen / Audi用製品の国内指定専売店です。
●製品保証につきましてはメーカー保証に準じます。
●適合車種であっても年式・グレード等により装着できない場合があります。
●ブレーキローターは消耗品の為、消耗限度を超えてのご使用はお止めください。
●新品のブレーキローターに交換した場合は、ブレーキパッドも新品に交換してください。
●プレーンローターに比べ、ブレーキの鳴きが発生したり、ブレーキダストが多くなる場合があります。
●使用状況により、ブレーキの効きの低下やジャダーが発生する場合があります。
※交換直後はブレーキパッドとのアタリが出るまでは制動時にジャダーが発生する場合があります。
※製品不良による装着直後に発生した場合を除き、ジャダーや振れ等につきましては弊社では一切の責任を負えませんのでご了承ください。
※交換サイクルは使用環境等によって異なります。